« だーくそうる#7 | トップページ | 切ないとはこう言うことさ »

2011年10月24日 (月)

だーくそうる Last Update

Molzahouse111023
・もう『凶悪』という以外当てはまる言葉が見つからない【小ロンド】でした. 呪われていないと攻撃が当たらないどころか受けることさえ出来ない事に加え,壁抜け床抜け天井抜けしてくるMob. 一撃でHPのほとんどを持って行かれちゃう骸骨. ボスはボスで次から次へと湧いてくるし・・・ ここもエレガントとはほど遠く,超重量級の鎧に身を包み,強力な武器の力押しで戦いました.

 そして物語は最終決戦へ. 鬼教官(R)は言います.『ラスボスのキック(ガード崩し)だけ避けて,それ以外の攻撃を受け止めるな!全てパリィ(武器のはじき飛ばし)しろ!』 ってそんな高等テクニックを要求されても!! かくして戦いを挑むこと20数回… 突然両手に神が降りてきました. おそらく全てのタイミングがカッチリとあったのでしょう. 最初の攻撃をかわすために移動した以外は全く動くことなく,相手からの攻撃をことごとくパリィしてノーダメージでラスボスを倒すことが出来ました(人´∀`)*゜。・。

 そして,前作同様その後の物語が語られることもなく,ただ静かな音楽とスタッフロールだけが流れたのでした・・・

Molzahouse111023b

・ハイ. ワタクシでも何とかクリアすることが出来ました! 前作のデモンズソウルよりも間違いなく難しくて手強かったダークソウルでした. ただRが『難しくする方向性を間違えとる』と言ってたのは全くその通り.まさに言い得て妙だと思います. 踏み外せば即死する狭い通路,そこを塞ぐ固いMob. 手出しの出来ない遠距離からの狙撃,掴まれたら即死,噛まれたら即死,見えにくいのではなく‘全くの透明’の床etc.といった感じがずっと続きます. 具体的になにがどうとは言えませんが,デモンズで感じた,感じさせてくれたマゾさとはかけ離れたところに難しさを持ってきてしまいました. これが本当に残念でした.

 あ,とは言っても決してつまらなかったと言う訳ではありませんよ. イロイロ感じるところはありましたが,雰囲気とか空気感って言うのかな.すごく楽しめました. 特に知らずに迷い込んだ地下墓地でツルッと足を滑らしちゃったとき,何度もなんども死にながら彷徨い歩いたあげく,やっとの思いで地上に出られたときに感じた『お日様の下に出られた。・゜・(ノД`)・゜・。』というあの感覚は,決して他のゲームでは味わえないと思いますw

 いぁ~ うん,面白かったッ!

 

……
願わくばまた続編が出たときには
  デモンズソウルのような『愛あるマゾさ』が復活しますように.

|

« だーくそうる#7 | トップページ | 切ないとはこう言うことさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« だーくそうる#7 | トップページ | 切ないとはこう言うことさ »